弌矢コード

挿絵に負けたくないです。

フライヤー

 あまり多く書きすぎなのでは? 
 なぜならば、読者様が間に合わないから。
 雑になってゆくから。
 と思ったけれど、読んでいただいている、
 このように雑でありながら!

 どうしようかと粗雑にではありますが考えあぐねています。
 かきながら。
 恥も忘れずかきながら。
 冷や汗すらをもかきながらです何故ならば、
 私は読者様を舐めてかかってなどいませんので。

 過去の作品は読まれにくいものだと耳にしていました。
 けれども確かに読んでいただいているようで、こりゃびっくり。
 これは感謝せずにはいられません。
 ほんとうにこころからありがとうございます。

 読むものも多く、ほかにも手がけているものもあるものでして、
 そのせいでなかなかこのブログ(?)に手が廻りにくいものであります。
 けれども立ち止まらずに考え続けますね。
 兎にも角にも立ち止まらないことが要、と銘じて。
 
 それでは、これからもよろしくお願いいたします。

2018/05/28 弌矢。