今朝はいま

最後の今朝だ、と叫んで寝床から起きた。
朝が弱いから、叫ばないと起きられない。
明くる日も明くる日も今朝なんてまっぴらだ。
テレビモニタは絶対につけない。
今朝を無理やり始めさせようとするから。

昨日の夕刊を眺めやる。
気に喰わぬあいつらを蹴り上げるイメージ。
引き裂いてみる。
ゴミの日だった。
ゴミみたいな日だ。

のっぺり歩いて、
延々と運ばれて、
黙々と歩いて、
会社の汚いドア開けて、
本気になって、気に喰わないそいつらを片っ端から蹴り上げる。

今朝が最後だ、ともう一度、寝床から起き上がった。
今朝の音、くしゃみ三回、紅茶飲む。
カフェインが、ニコチンが足りない。あとはどんなものが足りない。
朝食など喰わない。

空を蹴った。もちろん転びかけた。
同僚が朝っぱらから笑い転げる。
もうやめよう。
ゴミを捨てに、本当に起き上がらなければいけない。
そのまえにカラスを蹴るイメージトレーニングを繰り返してからだ。
何処か遠くへの引っ越しを思いながら、今朝起きるまであと二〇分残されている。
飛行機が上空を鳴り響かせた。