弌矢コード

挿絵に負けたくないです。

A

北に住むAはバズという言葉に反感がある。
Aは朝からバッズを焚きまくって、粒子状のベールを幾重もかけていく。
HARDCOREな音楽と紫のけむり漂う部屋に出現したのは、長いお別れ。

Aはかけがえのない友人を失くした。
エンドルフィンのオーバードーズによるものだった。
ハーコーしながら死んだ。

友人はtwitterで拡散された。
見事にバズった。
Aはそれを覗いて傷ついた。

Aの友人もHARDCOREなものが大好きだったが、愛しすぎていた。
とかげが好きだった。
モヒカンだった。
いつもため息まじりだった。

twitterの拡散が傷つけたのではない。
失くした友人が記号に見えたのだ。
かけがえのないものを失ったAの目にさえ。

一体に、何事だ。

バッズの芳香漂う部屋のなか、せめて今だけは記号を暴こうと、
赤い目を鋭くさせ、つい英和辞典サーフィンしてしまうのを抑えながら、
HARDCOREの意味をあらためて探った。
ABCDEFG、
たどりつくと《筋金入り》とある。
違う、とAは笑いだした、HARDCOREとは練り込んで極め高めることだと。
Aは焚いている。

記号を殺す。

道産子バッズを更に追い焚きした。
ぶりぶり赤く燃えゆく魂のかたまり。

それがAだ。
酔いしれた記号である誰しもAを笑う権利はない。