弌矢コード

挿絵に負けたくないです。

フラグメント

夕暮れの歌舞伎町から振り向くと、出勤タイムの女性たちの波が寄せてくる。左右に別けてぼくを通り過ぎていく。 女たちに支えられている街がある。笑いと涙、地獄と享楽に支えられている、素敵な街がある。 光っている磁場、彼女たちにぼくらは支えられてい…

エクリチュールだ、あっかんべー

このブログのおかげで、女性と別れる羽目になりました。 どうして、作品と作者を同一視するんですかね。 一体に、いつの時代の人なんでしょうか。 ぼくはブログに書いた作品の様な人物ではありません。 古い考えの人、 現代思想でも読んだらいかがでしょうか…

つぶやき

いま、数百枚くらいのものを書いているのですが、描写が全く書けず筆が進む様子を見せません。千手観音だったらなあ・・・・・・ と空想してみて自分で苦笑してみたところで、 唐突ですが、何かを懸命に作ったのに批判されたとき、 「だったら、あんたが作ってみろ…

フライヤー

前略夏フェスの季節でもありますね。踊り狂う人々盆踊りの如し、はつらつと綺羅びやかで頼もしい限りです。などと申し上げては誹りを受けかねるので付け加えるに、盆踊りもぼくは大好きです。参加せずに傍観するが好みです。なぜ盆踊りはくるくる廻るかご存…

由無いシェルター

イースの地下神殿のICが微かに聴こえている。ふたりは三階の遮光されたシェルターにいる。エアコンの温度を下げてくれと兄がいったので、妹はリモコンのボタンを押した。大小のモニタのレトロ感漂う映像の数々に囲われて、ふたりはいる。命令した母親にとっ…

ヴァリアント 2  女だけの判決  f.kに  

白昼の洒落た住宅街にある公園で、ガーベラを一輪摘み胸に飾り、彼はまた一つ犯罪者となって、ベンチに腰掛けた。幼女達の声を聴きながら、緑の涼しさにまどろみ出した彼は淫夢を見てビクンと面を起こすと人妻が戯れている。夢の延長にある彼は人妻の数を数…

ヴァリアント 1

現れた。青に溶け込む緑が。仄かに色づく空間をKがたゆたう。複数の薄くゆれる影により、灯りの方向性が一定でないことがわかる。影の手前に浮かぶ透明色のKが玉響に指を動かす。指先から波打っていく。アルカイックスマイルの面立ちを崩さないのは、この空…