フライヤー

 ブログの改行の不具合を直して、これでフィーチャーフォンスマートフォンともに読みやすくなったと思います。改行以外は直していません。今まで一枚のアルバムを作ってみようと書いて書いて書きまくった次第です、と、実はそんな愚にもつかぬことを考えて見苦しいことを書いていたのでした。読者様、多謝。多謝。多謝。

弌矢。

助走

僕のparkourは発散というより、踏みにじる、と表したほうがよい。traceurの僕は、内包されたものを踏みにじり破壊もしくは破り捨てるのだ。
1990年に小学生の僕は九龍の城壁へ向けて、写真家だった父親と成田を飛んだ。ちょうど十歳だった。
到着早々、父親は挨拶を交わした男に阿片を勧められた。父親はいわばマッシブな男で、腿など僕の胴ほどあったから、そのたぐいには強そうだったが、かなり酔ってしまっていた、幼い僕にでもそれとわかるほどに。あの時の匂いは未だ鼻腔に残っている。
異邦の僕らは城壁人にすぐバレた。
「ニホン」
銃規制が怖かった。銃声がないと何所が危険かわからないし、奴らは静かに殺し、死ぬのだと父親に聴かされていた僕はひどく怯えていた。
けれども城壁都市は賑やかだった。それでも怯えは治まらず、このままでは、父親に連れてこられた意味がなくなってしまう。こわばりながら柔軟体操をしていった。父親がへらへら笑っている。
父親に教わったshoegazerを爆音で聴きながら馴染ませておいたシューズに力を込め、城壁のダクトへ向けて跳ねる。落ちたニット帽を酔い痴れた父親が拾い上げて指先で廻して見せる。 飛び跳ね移る、を、繰り返して昇っていくに連れ、大柄な父親が見る見る縮んでいく。
奈落の父親をシューズで覆い隠して蹴った。グリップは効いている。二回転した。平積みされた古本みたいな壁と壁を飛び移りながら、アイベックス(授業で習った)になれ。父親はもう見えない。それから、阿片に酔い潰れているだろう父親を案じた僕は、全身汗を吹いたアイベックスとなって柔軟に降り立った。父親は路面に貼りついて弛緩していた。人だかりができていた。僕はまた怖気づいた。
「ダイジョヲブ」
その夜、父親に阿片を譲った男に食事を誘われた。
老人と男が狭い部屋に導いた。剥がれた深緑色の壁のなか、かしいだ部屋の円卓を囲うのは九人だった。全員で、十一人。綺麗な女性が五人いた。僕と同い年ほどの男女が二人いて、お互いに戸惑っていたことを覚えている。フラッシュが焚かれた。
塩の吹いた鳥の照り焼きと長細い魚料理、椀に盛り上がった米、魚は蛇を思わせた。高熱を出してえづく父親の分まで僕は黙々とありついた。塩辛さは感じなかった。頼りない父親の通訳で、男の語りによる子供たちの将来の希望を聴いたが記憶にない。僕は体操選手になりたいですという一言以外何も話さず、平らげた。箸が長いというのは本当だった。
女性たちに姦しさはなく、優しく父親を部屋の隅に横たわらせた。僕に何か話しかけてくれていた五人は父親を見てそっと笑みを浮かべ、食卓ごと片付けていった。もう怖くなかった。
がらんどうの部屋になった。テレビもベッドもなく、椅子だけがあった記憶がある。
記憶はそこまでだ。
二年後、政府により九龍城壁都市の住人は退去させられたと聴いた。五輪の体操選手にさせるためのフィールドワークと称して、パパ(実は始めからそう呼んでいた)は、ただ阿片を体験したいがゆえ、友人をつてに九龍まで僕を連れて行ったのだと思われる。
次の二年後にそれは破壊された。
いま、体操選手にはならなかった僕は何処までも平坦な郊外まで、仲良くしている父親に会いに行った。這い昇ると、十二階の窓の外から真っ白のベッドに仰向けになって、未だカメラなんかをいじっている父親が覗けた。気付かれて撮られるまえに、僕は指先で合図してから窓を蹴破る様に踏みしめて去った。
僕は自分の写真が大嫌いだ。
写り込んだ一枚だけが残っている。

今朝はいま

最後の今朝だ、と叫んで寝床から起きた。
朝が弱いから、叫ばないと起きられない。
明くる日も明くる日も今朝なんてまっぴらだ。
テレビモニタは絶対につけない。
今朝を無理やり始めさせようとするから。

昨日の夕刊を眺めやる。
気に喰わぬあいつらを蹴り上げるイメージ。
引き裂いてみる。
ゴミの日だった。
ゴミみたいな日だ。

のっぺり歩いて、
延々と運ばれて、
黙々と歩いて、
会社の汚いドア開けて、
本気になって、気に喰わないそいつらを片っ端から蹴り上げる。

今朝が最後だ、ともう一度、寝床から起き上がった。
今朝の音、くしゃみ三回、紅茶飲む。
カフェインが、ニコチンが足りない。あとはどんなものが足りない。
朝食など喰わない。

空を蹴った。もちろん転びかけた。
同僚が朝っぱらから笑い転げる。
もうやめよう。
ゴミを捨てに、本当に起き上がらなければいけない。
そのまえにカラスを蹴るイメージトレーニングを繰り返してからだ。
何処か遠くへの引っ越しを思いながら、今朝起きるまであと二〇分残されている。
飛行機が上空を鳴り響かせた。

由無いシェルター

イースの地下神殿のICが微かに聴こえている。ふたりは三階の遮光されたシェルターにいる。エアコンの温度を下げてくれと兄がいったので、妹はリモコンのボタンを押した。大小のモニタのレトロ感漂う映像の数々に囲われて、ふたりはいる。命令した母親にとってレトロゲームが洒落ているのだった。
食べ物は揃っているし、バスルームは二階にある。母親自慢のピニャコラーダのモクテルまで用意されてある。ふたりはファンタを選んで、それには手をつけなかった。
兄が集合スイッチをスライドさせた。鳴り響く交響、ICがシェルターを竜巻いていく。ルームライトを弱めると空間がフラッシュした。親に知られたら大ごとだが、昔に禁じられたポケモンショックという遊びがあって、その素敵な心神喪失にふたりは惹かれているから仕方がない。色彩豊かな明滅が褪せた幻の世界をもたげさせるが、ふたりは一向に失神しない。何が禁止だ。
ふたりは触れ合った。
と、一階の父親の怒号が部屋ごとのインターフォンからした。兄妹仲良く遊べといってここに閉じ込めたくせに。夫婦喧嘩をしていて、その勢いで、そんな声になっていたのだった。バスルームの掃除を終えたから、いつでも入れという。
ちょうどよかった。途切れた受話器からこもった音が混線して聴こえていた。
ふたりは遊びを続けた。続けていくにつれ、妹には兄が衰弱していくように見えた。
雨音がした。
妹はベルベットをそっとめくり、外を眺めた。鳥が窓辺で眠っている。寸前で雨を避けながら眠りこけている。垂直に叩きつける雨で樹木の葉が落ちていく。低みの家々の窓の灯りは、孤立した船のまるい舷窓を思わせた。雨脚が斜めになった。真下の風見鶏が回転を始め、方向性を狂わせた。鳥が雨の中へと羽ばたいていった。その瞬間、もう夕暮れになっている。
見渡すとドーム状に薄く広がる雲が、さながらシェルターのようだった。その上空はまだ青みがかったゼリー状のシェルターを思わせるに違いない、と妹はベルベットを閉じた。シェルターの暗がりに目がなれるまで時間がかかった。
兄は幾度もの痙攣の末、発汗して横たわっている。抜け殻のようだった。
妹が仄明かりに微笑を浮かべた。
時代が交差していく予感がした。

夜に

ラジオの音がして寝椅子から身をもたげると、日付が変わっている。
DJは不在で、印象派が流れている。
眠っているあいだ、亡き王女のための行列舞踊に附き合わされていた。
この起き抜けの今夜に似つかわしくない音楽の様な気がして、首をひねる。
夜色の窓に乏しい星の灯りがあった。
ラジオが消えたから、自力でラウンド・アバウト・ミッドナイトをかけると、コンビニにでも出かけたい気分になって、玄関まで数十歩、けれども、煙草も酒もつまみもあり余っていることに思い当たり、だからといって呑む気もせず、また寝椅子に躰を沈める。
レコードが回転を終えた。
時計の秒針と指先を合わせてみてやめる。
することがない。
することがないことをしている。
そうして静けさが極まりかけると、何事ぞ今夜、と思い至って極まらなくなった。
こうしてはいられない。そう誰かの幻の声に耳を傾ける。
この夜に、何かをしろと、世の中が、命令しないから。
新月の箇所の暗闇に目をこらす。
そのうち鋭利な月となるまで何十時間も起きていようか。
まるで夜の番犬みたいだ。

ネオンカラーとチャカシ

コカレロでハイになるかよ。
音でないとな。

ガチガチに冷やした玉露だっていいんだぜ。
音があればな。

パーティ大好き人だけれども、
渦巻く音たちと踊るんだ。

人当たりは悪くないと思うよ?
廻りのダンスたちともとけあうよ?

飛び跳ねて飛び跳ねて、を、繰り返し、
朝までめくるめく踊り続ける。

不条理をからかうために。

不条理に対するからかいだ、
それだけでハイになっている。

おいしいよね、コカレロも。

 

A

北に住むAはバズという言葉に反感がある。
Aは朝からバッズを焚きまくって、粒子状のベールを幾重もかけていく。
HARDCOREな音楽と紫のけむり漂う部屋に出現したのは、長いお別れ。

Aはかけがえのない友人を失くした。
エンドルフィンのオーバードーズによるものだった。
ハーコーしながら死んだ。

友人はtwitterで拡散された。
見事にバズった。
Aはそれを覗いて傷ついた。

Aの友人もHARDCOREなものが大好きだったが、愛しすぎていた。
とかげが好きだった。
モヒカンだった。
いつもため息まじりだった。

twitterの拡散が傷つけたのではない。
失くした友人が記号に見えたのだ。
かけがえのないものを失ったAの目にさえ。

一体に、何事だ。

バッズの芳香漂う部屋のなか、せめて今だけは記号を暴こうと、
赤い目を鋭くさせ、つい英和辞典サーフィンしてしまうのを抑えながら、
HARDCOREの意味をあらためて探った。
ABCDEFG、
たどりつくと《筋金入り》とある。
違う、とAは笑いだした、HARDCOREとは練り込んで極め高めることだと。
Aは焚いている。

記号を殺す。

道産子バッズを更に追い焚きした。
ぶりぶり赤く燃えゆく魂のかたまり。

それがAだ。
酔いしれた記号である誰しもAを笑う権利はない。